ぶどうに含まれている栄養成分は何?

ぶどうの代表的な栄養成分が、ポリフェノールです。
これは発ガン抑制の成分として注目されており、果実と皮の間にあると言われています。
安心できる産地のものを、皮ごと食べたり、ジュースやワインとして飲むことで、より吸収効率を上げることができます。
その他にも、優れた栄養成分を含んでいます。
ぶどうには、ブドウ糖が多く含まれており、非常に吸収されやすい栄養素で、すぐにエネルギーとなるため夏場の水分補給や食欲のないときなどに最適な果物と言えます。
カリウムや鉄分も多く含まれており、高血圧の人や食生活が乱れがちな人にとっても重宝する果物です。
カリウムには、塩分を体外に排出する働きがあるため、味の濃い食事をする人には特におすすめです。
また、貧血や立ちくらみを起こす人は、鉄分不足の可能性が高いので鉄分を含むぶどうを食べることで、症状を予防することができます。
食べやすくて、身体に良い様々な栄養成分を持つ万能な果物ですので、健康を気にする方におすすめの食べ物です。
ワインにもこれらの栄養素は含まれておりますので、効果が期待できます。

illust101

ぶどうに含まれる栄養とその効能とはどんなもの?

ぶどうは古くから栽培されており、果物として食べるだけでなくワインに加工され愛されています。
ぶどうの代表的な栄養成分には、豊富なポリフェノールです。
ポリフェノールはがんや動脈硬化の予防が期待されています。
また、赤い色のぶどうにはアントシアニンというポリフェノールが含まれています。
このアントシアニンは目の疲労回復に効果的です。
これは赤ワインに加工しても失われることはありません。
さらに、ぶどうに含まれるポリフェノールの中には、レスベラトロールという成分が含まれています。
レスベラトロールはアレルギーの発症を抑える効果が期待できると最近の研究結果で発表されました。
その他にも、シミやシワの原因である活性酸素を除去してくれる効果もあります。
ぶどうは美味しいだけでなくたくさんのよい効能が詰まっています。
また、主な成分はブドウ糖と果糖です。
特にブドウ糖は体内に入るとすぐにエネルギーに変わります。
そのため疲労回復や病気で体が弱っている人にも良い効能があります。
ブドウ糖は、脳が必要とする栄養素でもあり、脳の働きを良くしてくれます。
その他、たくさんのビタミン、ミネラルが多く含まれています。
ぶどうの栄養価や効能はとくに女性にうれしいものばかりです。

illust102

栄養や効果にはどんなものがあるの?

秋になると様々な種類のぶどうがお店に並びますが、このぶどうには一体どんな栄養成分や健康効果があるのでしょうか。
ぶどうの種類は1万種を超え、果物として食したり、ワインの材料になっています。
収穫の時期も秋を中心に、デラウエアが春ごろから、甲州は秋遅く頃に旬を迎えます。
栄養は、ブドウ糖と、果糖が多く、この他クエン酸などを含みます。
ビタミン類は、ビタミンA、B1、B2、Cがありますが、他の果物よりも若干少なく、その分ミネラルやカリウム、カルシウム、鉄分が豊富に含まれています。
主に含まれているのはブドウ糖ですが、このブドウ糖には、栄養補給をしたり、疲労回復に役立つ効果があり、夏バテを解消します。
また、皮に多く含まれているアントシアニンと呼ばれるポリフェノールは、抗酸化作用があるため老化の防止や、ガンの抑制効果が期待されています。
また、種にも抗酸化作用を持つタンニンという成分が含まれています。
このように、ぶどうには捨てるところがなく皮や種、全てに栄養があるので、そのまま食べると良いでしょう。
なお、干しブドウにするとカロリーは高くなりますが、鉄分が増し、貧血予防に効果を得ることができます。
パンやマフィンに入れても美味しく、子供にも喜ばれすのでおすすめです。

illust103

ぶどうの栄養は妊婦に適している?

秋の味覚のぶどうは、果物の中でも糖分が高く人気の果物です。
また、ジュースやゼリーなどにも多く使われ、普段から口にすることが多く、身近な果物です。
ぶどうに含まれる栄養は、主成分が糖質であり、その他にビタミンが豊富で、カリウム、リン、鉄分などが含まれています。
これらの栄養素は、疲労回復、病中病後の栄養補給にとても適しているものです。
そして、主成分であるぶどう糖は、体内に入ってすぐにエネルギー源となり、ヨーロッパでは畑のミルクと呼ばれるほど栄養価の高いものとして食べられています。
このぶどうは、妊婦にとっても大変良い栄養源になります。
妊婦になると大きくなった子宮に腸が圧迫され、便秘になりやすくなります。
ぶどうに含まれる食物繊維は、便秘の解消に役立ちます。
カリウムには利尿作用があるため、体内の不要な水分を排出し、妊婦の特徴であるむくみの改善にも効果的です。
また、鉄分も豊富なので、妊婦に多く見られる貧血の改善にも繋がります。
このように、妊婦にとって、ぶどうはとても良い食べ物であると言えます。

illust104

ぶどうの栄養について深く知る

ここでもちょっと触れていますが、ぶどうの栄養として代表的なのはポリフェノールです。
とはいえ、ポリフェノールにも色々とあり、その中の一つとしてレスベラトロールがあります。
レスベラトロールにはどんな効果があるのでしょうか?レスベラトロールに関して、非常に詳細に紹介しているサイトを1つ載せておきます。